カテゴリ:おかいもの( 1 )

我が家には、娘が小さい頃から買いためている絵本が
どっさりとあります。

絵本を選ぶ時の基準は、

1.親の趣味
2.娘の希望
3.なんとなくの直感

があって、今のところ2/3は親の趣味で購入。
たいがい本屋さんに行って、夫婦であ~でもない、こ~でもない
して、最終確認を娘にしてから購入するのだけれど、
その中で、どうしても!と私が勝手に選んでしまったものが
いくつかあり、それは私の趣味でもあるソーイングを
うまい事、刷り込めないかしら?と思って購入したものです。

わたしのワンピース

にしまき かやこ / こぐま社



すみれおばあちゃんのひみつ

植垣 歩子 / 偕成社



ぴょんぴょんぱんのかばんです (新日本出版社の絵本 ふれあいシリーズ 2)

香山 美子 / 新日本出版社




この3冊、本当にビンゴでした!
この絵本たちのおかげで、『あ~、ママも出来るよね!』とか
『ママもこれ、持ってるよね!』などとソーイング話も出来るし、
いろんなものが作れるって面白いなぁ~とも感じてくれているようです。

そのほかにも、

こびとのくつや (絵本・グリム童話)

矢川 澄子 / 教育画劇



も、こびとが靴を縫うなどのシーンが出てくるので、
靴も縫って作るんだね~などと会話も弾みます。

そんな我が家の絵本選びですが、本屋さんで娘に好きに選ばせた
絵本の中で一番笑ったのが、


むしプロ

山本 孝 / 教育画劇




でした!
カブトムシとクワガタの対決なのですが、なぜこれを?(笑)
女の子なのに???確かに図鑑が大好きで、常に里山図鑑を
持ち歩いてるくらいなので、分からないでもないのですが、
本屋で何度も、しつこく!確認してしまうママでした!!
[PR]